人というのはいつまでも美しさを維持していたいもので、最近では美容のブームが到来しています。
そして美容アイテムや美容エステなどの情報が公開されているサイトも出てきていますのでまずはご注目ください。 3dジェルリフトは、以前からある糸を使用したリフトアップとの大きな違いがあり、それが糸にあります。
特殊な糸を使うことによって、多くの方が悩みを抱えているたるみを解消することの出来る美容術です。

 

これまでの糸は、カッティングスレッドと言い糸に切れ込みを入れることによって引っかかりのとげを作っていました。
つまり引き上げる力が弱かったのですが、3dジェルリフトによってそのデメリットも改善されたのです。

 

特許も取得している3Dミントリフトの糸というのは、従来のような切り込みを採用していなく、8倍も大きな棘が糸にいくつも取り付けられている糸です。
これによってこれまでの施術よりも持続性が約3倍にもなり、たるみを効果的に改善することが出来るようになったのです。



リフトアップ術が進化した形である3Dミントリフトブログ:01 1 2020

(*´Д`人)コン(人´Д`*)バン(*´Д`*)ゞh♪

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した子どもたちが
「Trick or treat?(おやつをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおやつメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコやクッキーのように
限定したおやつではなく、
おやつという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や団子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

子どもたちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
ノルウェーではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおやつもその言葉だけで
子どもたちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

嗚呼,気分爽快